ラニシン

ラニシン

ラニシン



提供: EverybodyWiki Bios & Wiki. 移動先: 案内. 、. 検索. ラニシン とは、毒物の一種で青酸カリ (シアン化カリウム)の数倍の毒性を持っている ラニシンの製造方法はまだ未発見であり、現在は偶然出来た少量のものしかない 構造が複雑すぎて解毒薬も見つかっていないためとても危険である また致死量も0.015gととても微量で死に至る.

2013年11月28日放送. 第7話. 京都府警本部長の佐伯志信(西田健)に、猛毒“ラニシン”の粉末が送りつけられる事件が起きた。. ラニシンは青酸カリの数倍もの毒性があり、構造が複雑で確実な製法すら見つかっていない、きわめて珍しい毒物だった。. 犯人は同時に「近日中に、ラニシンを京都にまく」と、動画サイトに犯行予告を掲載していた。. ラニシンに対する ...

ラニシンは青酸カリの数倍もの毒性があり、構造が複雑で確実な製法すら見つかっていない、きわめて珍しい毒物だった。. 犯人は同時に「近日中に、ラニシンを京都にまく」と、動画サイトに犯行予告を掲載していた。. ラニシンに対する解毒薬は、まだ見つかっていない。. そんな毒物が街にばらまかれたら大惨事になる…と、震撼する榊マリコ(沢口靖子)たち ...

リシン (Ricin) は、トウゴマ(ヒマ)の種子から抽出されるタンパク質である。ヒマの種子に毒性があることは古くから知られていたが、1888年にエストニアのペター・ヘルマン・スティルマルク(英語版)が種子から有毒なタンパク質を分離し、リシンと名付けた。

[ラニシン]の項目はありません。 情報提供元のWikipediaにはこの項目があるかもしれません。 もし項目がない場合はWikipediaに参加してこの項目を追加しませんか? [ラニシン] の項目をWikipediaで探してみる。 [ラニシン ] の項目をウェブから探す

ラニシンとは何ですか?そのような毒物は聞いたこと無いのですが テレビ番組「科捜研の女」に出てきた物質名です。トウゴマ(ヒマ)の種に含まれるリシンをもじったのでしょう。番組の最後の出る はフィクションです、という所...

ラニシン ⭐ LINK ✅ ラニシン

Read more about ラニシン.

kolodcyspb.ru
balkan-consul.ru
ectopic-pregnancy.ru
inviznet.ru
bhazard.ru
budva-apartments.ru
svadbalove.ru
4excel.ru
kinokorsar.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Guest

Happiness is a way station between too much and too little.

Guest
It's easy to tell when you've got a bargain...it doesn't fit.
Calendar
MoTuWeThFrStSu